ジョージ78歳生誕記念日:Born Under a Good Sign

昨年の記事で紹介したとおり、ジョージ本人が1992年にビルボード誌で明らかにした正確な出生時刻は1943年2月24日、午後11時42分だったという。日本時間でいえば、今日25日の朝8時42分。その頃、自分は毎朝の散歩に出て道端の花を眺めていた。今朝は氷点下6℃まで下がり、まだまだとても寒かったが、こんな寒冷地でもようやく春の花が少しずつ開き始めて、楽しませてくれた。花を眺めたり、ちっぽけな庭で植物を育てたりするのがこんなに好きになったのも、庭と植物を愛したジョージのおかげだなあと思いながら、1943年から78年経った誕生の時刻を祝い、感謝した。

IMG_20210225_081807.jpg
IMG_20210225_082840 (2).jpg
IMG_20201006_164159 (2).jpg
ジョージの写真は「George Harrison: Be Here Now」(Barry Feinstein, Chris Murray) より

ジョージと同じ星の下に生まれた、自分のよく知っているミュージシャンが2人いる。まず、ニッキー・ホプキンス、1944年2月24日生まれ。ジョージのちょうど一年後!


そして、エミット・ローズ、1950年2月25日生まれ。

IMG_20210225_122409.jpg
(値札は50ドルではなく50セント。こんな激安でエミットのレコードと出会えて嬉しかった)

ジョージ、ニッキー、エミット、この3人のお誕生日が同じ(ジョージのが2日あるので)だなんて、本当にマジカルなものを感じてしまう。ニッキー・ホプキンスは言うまでもなくジョージと直接つながりがあったけど、エミット・ローズにも自分は元からジョージを感じていた。一人ビートルズ、ポール以上にポールらしいなんて言われ方もされていたエミットだけど、その控えめな佇まいと、柔らかい日差しのような優しさを感じる音楽は、むしろジョージなのだ。美男子だし。ニッキー・ホプキンスに関しても、同じようなことを思う。とても共通する存在感を醸し出している3人。すでに3人ともこの世にはいなくなってしまったけど、今日はエミット・ローズとニッキー・ホプキンスのお誕生日も祝おう。自分もこんな良い星の下に生まれたかったな。

タイトルとURLをコピーしました