ジョージ80回目のお誕生日~Be Here Now

当ブログで何度も繰り返している話だけど(一番詳しく書いた記事はこちら)、ジョージのお誕生日はオフィシャルには2月25日となっているが、実際にリバプール郊外のアーノルド・グローヴ12番地にてハリスン家の三男としてジョージがこの世に生まれ出た日付と時刻は、1943年2月24日午後11時42分。つまり日付の上では、今日がその日なのである。最近は、Wikipediaにもその事実が明記されるようになっている。それでも日本時間ではやはり明日がお誕生日なのだけど、明日は早朝から外出して記事が書けないので、今のうちにお祝いしてしまう。何といっても今年は、存命だったら80歳という節目の年。80回目のお誕生日、おめでとうございます!ジョージ、80年前にあなたが生まれなければ、自分は違った人間として違った人生を歩んでいただろうし、二本足でまっすぐ立っていたかどうかも疑わしい。この世に姿を現してくれて本当にありがとう。

IMG_20230224_162235 (2).jpg
Bob Whitaker写真集「The Unseen Beatles」より

ジョージが大切にしていた言葉の一つが「Be Here Now」だったという。今、ここで生きろ、ということ。今の自分が心の中で必死に唱え続けている言葉でもある。過去への後悔と将来への不安が代わる代わる襲ってきては、あっという間に押し流されるばかりの状況で、「今、ここ」に集中して生きることはとても難しく、「Be Here Now」は自分にとって耳の痛い言葉だ。


「Living In The Material World」に収められた同名曲を聴くと、真摯に奏でられるギターのストロークひとつひとつが、「今、ここ」と念じながら刻まれているように思えてくる。万物は流転し続けるので、過去は「今」とは違うし、未来もまた別物。過去と未来に囚われてばかりで「今」を見過ごしていては、本当の生を生きたことにはならない。きっと、こう歌ったジョージだって必死の思いで「Be Here Now」と唱え続けていたんだ、と思いながら、自分も「今、ここ」に二本足でまっすぐ立てるように、心の中に住むジョージに力を借りながら一日一日、ぼちぼちやっていく。

タイトルとURLをコピーしました