雨降り続きでも7月の庭は順調:キュウリ、ミニトマト、オクラ、大葉

天気予報にずらりと並ぶ雨マークにうんざりし通しの7月だが、日曜日は久々に晴れた。午前中は庭の植物たちに肥料をあげたり、草むしりをしたり、色々とお世話。八町きゅうりはようやく一週間ほど前にめでたく支柱を立てることができ、順調に育っている。

IMG_20200712_114700 (2).jpg
IMG_20200712_114724.jpg
IMG_20200712_114732.jpg

種から育てるのは初めてだけど、青々とした葉が広々と立派に育ってきて、嬉しい。蔓を伸ばし始めたものもある。今年は狭い庭にキュウリの苗を11株も植え付けたので、去年5本ぐらい買った竹の棒だけではまったく足りない。グリーンの支柱は、お隣さんが貸してくれたもの。庭仕事をしているとよく、「お宅はいつも変わったものを育てていて面白いわね」とか「育つのが楽しみね」とお隣さんに声をかけられる。もうご高齢だがいつも元気そうに畑に出かけていっては作物を分けてくれて、たまにさりげなくアドバイスをしてくれる。マルチ代わりに藁を敷くのもお隣さんが教えてくれた。お話からは植物に寄り添いながら大切に育てている様子が伝わってきて、園芸における控えめなメンターのような存在である。隣家とは仕切りの塀もなくて庭の様子が丸見えなのだけど、適当すぎてしょっちゅう失敗する自分の素人園芸に口出しをするでもなく、いつも「楽しみねえ」と見守ってくれている。隣人に恵まれるのはとても有り難いこと。

先日思わず苗を買ってしまい植え付けたオクラも順調に育っていて、先週末に初めての花を咲かせた。やはり嬉しかった。そして花が落ちたらさっそく小さな実ができはじめていた。

IMG_20200710_082110.jpg
IMG_20200712_114750.jpg

このところの雨降り続きで日照不足が心配なのだけど、今のところ庭の植物たちはまずまず順調に育っている。ミニトマトはホームセンターで買った苗が見る見るうちに背丈ほどに成長、実をたくさん付けた。日照が足りなくて鮮やかな赤にはならないのだけど、鈴なりっぷりが凄い。

IMG_20200707_090809.jpg

毎年自生してくる大葉もわさわさ。虫によく食べられるので早めに収穫して冷蔵庫に保存していると、どんどん増えていく。生のまま刻んで素麺や冷奴の薬味にすればもちろん最高の香りなのだけど、それでは量が全然減らない。大量消費するために大葉を炒め料理に使うことを覚えて、夏場はチャーハンやパスタの具として多用している。ツナと一緒に炒めると非常に美味しい。

IMG_20200712_115012.jpg

庭にはコスモスも毎年自生している。放っておくとどんどん巨大にぶっとく育って作物を脅かしてしまうので大半は抜くけど、可愛い花は楽しみたいので要所には残し、大きくなりすぎずふんわりするように摘芯している。キュウリ畑の隅に一本残した摘芯コスモスが、先週からピンクの花を咲かせはじめたところ。

IMG_20200712_115107.jpg

タイトルとURLをコピーしました