キュウリの初めての花が咲き、支柱立て

先月植え付けた6本の八町きゅうりの苗はすこぶる順調に育っている。昨日は大雨と強風に一日中見舞われたが、びくともせずに今朝はとうとう新天地で初めての黄色い花を咲かせた。

IMG_20210605_090814 (2).jpg
IMG_20210605_090751.jpg

蔓もぐんぐん伸びてきているので、雨上がりの涼しい今朝に支柱立てをした。あらかじめ植え付けの前に支柱を立てておくのがまともなやり方なのだろうが、自分は面倒くさがりなので、植物がよく伸びて本当に必要になったときにやっと支柱立てを始める。今朝は適度に日が差して作業がしやすそうな涼しさだし、花も咲いたし、朝の散歩をしているときから支柱を立てる気満々になり、そそくさと早足で帰宅してさっそく取りかかった。以前から支柱に使っていた資材を旧居から持ってきてあり、今年もそのまま使った。ホームセンターで買った竹の棒と、旧居の庭に植わっていた南天が伸びすぎて剪定したときに出た枝を、麻ひもで結び付ける。南天の枝は真っすぐでしっかりしていて、支柱にも杖にもちょうどいい太さなので何かと便利そうなのだが、一本しか持ってこなかった。いわゆる合掌型に6本の竹棒を立てて、てっぺんに南天の枝を使った。

IMG_20210605_094433 (2).jpg

隣近所の家が写り込んでしまうので、支柱の全景は残念ながらここに載せられないのだが、面倒くさがりな割にはまともっぽいものが組み上がって満足した。ついでに、時間差で育っていた3つの苗を追加で手前にさくっと植えた。6月に入って、夏モードの園芸もとうとう本格化してきたことを実感する。八町きゅうりは他県の固有種なので、気候の違う当地でうまく育つか少し心配だったけど、今のところは本当に順調そのもの。このまま収穫までぐんぐん突き進みたい(言ってる自分は成長を眺めるだけだけど)。

IMG_20210605_094515.jpg

タイトルとURLをコピーしました