八町きゅうり、ゴールデンウィーク前に植え付け決行

先月いち早く種蒔きをした八町きゅうり、首尾良く春分の日に発芽してから1か月以上が経ち、現在は3枚目の本葉が広がり始めているところ。少し遅れて蒔いた種もすべて発芽して元気に本葉を出している。虫食いの被害もまったく受けておらず、苗の生育はこの上なく順調である。最初に発芽した6つについては、そろそろ植え付けたいところ。天気予報では晴れマークが出ていた先週末に植え付けを実行しようと、先週から植え場所をぼちぼち準備したりしていたのだけど、週末を迎えてみると曇りがちで気温も低く、どうにも園芸気分が盛り上がらない。一度暖かくなってからまた冷えるのは、なかなかに堪えるものだ。しかも、植え付けるべき地面に目をやれば、この庭で園芸をやる際の一番の宿敵が、さっそくたくさん控えているではないか。落ち葉を分解して土作りをしてくれる益虫でもあるけど、なぜかこの庭に最初の年から大挙して出現しては若い苗を食べ尽くしてしまう、触れば丸くなるあのDGMである。これはいけない。このまま植え付けたら、大切に育てた八町きゅうりの苗をどうぞ食べてくださいと言っているようなものだ。

IMG_20230424_165714.jpg
IMG_20230424_165701.jpg

とはいえ、自分が園芸をやるときのルールとして、なるべく殺生は避けることにしている。殺虫剤で駆除などもってのほか。初めのうちは、コーヒーを利用するなどネットで調べた対策を何だかんだ試してみたものの、効果がないか、かえって逆効果になるばかりで、結局は原始的な方法を地道に繰り返すほかないと悟った。見つけしだい素手で捕まえて、別の場所に移送するのである。今回も、庭用に使っているサントリーのハイボールジョッキの中に数十匹を放り込んで、生け垣の向こうに広がる空き地(誰も耕作はしていない、何もない野原)にぶん投げた。八町きゅうりを植え付けた後しばらくは、この作業を毎日やることになるかもしれない。苗がある程度まで成長すれば、もうDGMの出る幕ではなくなる。いずれにしても、今はまだ植え付けのタイミングではないようだ。あと2日ほど待てば天気が良くなって気温も上がるという予報なので、その通りになれば今度こそ。そう、この世で一番かんじんなのは、ステキなタイミングなのだ。

……と、ここまで書いた翌日に、結局植え付けをさっさと済ませてしまった。晴れた午前中にやりたいと思っていたのだけど、天気予報と自分の予定がなかなか合わず、ステキなタイミングを待っていてはいつまでも実行できなさそうだったのだ。火曜日の朝は、少し日が差して明るくなった。翌日は一日ずっと雨の予報だったけど、雨降って地固まるというじゃないか、今やってしまえ、と晴れているうちに決行してしまった。

IMG_20230425_094228.jpg

まあ、できてよかった。雨の水曜日を過ぎてすっきり晴れた木曜日の朝、大切な八町きゅうりの苗は宿敵にたかられることもなく、元気にまっすぐ立っている。ゴールデンウィーク前に植え付けられて、土の中で5月を迎えさせることができて、よかった。大きくなれよ。

IMG_20230427_080508.jpg
IMG_20230427_080436.jpg

タイトルとURLをコピーしました