11月の庭の植物たち:ヘブンリーブルー、ニンニクその他

秋も深まって11月、新しく植えたり種を蒔いたりする植物はもうないのだが、日々の変化はまだまだ楽しめる。玄関前に大家さんが植えた南天の木はだんだん紅葉してきて、赤い実も見られるようになった。この南天は毎年冬になるととても美しい姿を見せてくれて、大家さんが庭に植えた木の中ではハナカイドウと並んで大好き。

IMG_20201108_093212.jpg
IMG_20201108_093222.jpg

玄関から出て、南天の次に目に入るのは朝顔である。もう寒くなって普通なら朝顔はとっくに終わりの季節だが、実は今になっても、開花するかどうか毎日毎日ひそかに見守っている朝顔がある。

IMG_20201108_093315_.jpg

これはヘブンリーブルーの葉と小さなつぼみ。この朝顔については夏に「ヘブンリーブルーだと思っていた朝顔の花が咲いたら」という記事に書いたとおり、ヘブンリーブルーだと思って蒔いた種が実際は、息子が小学校から持ち帰ってきた教材の種で、まったく違う紫色の花が咲く朝顔だったことがあった。葉の形もヘブンリーブルーのハート型とは全然違う。

IMG_20200729_091916_.jpg

これはこれで楽しんだけど、昨年種取りをしたはずのヘブンリーブルーの種もちゃんと発芽するのかどうか、どうしても試してみたくなって完全に時季遅れで夏に種蒔きをしてみた。1つだけ発芽し、ハート型の葉が出て紛れもなくヘブンリーブルーであることはわかった。順調に成長して、つぼみもたくさんできた。しかし、やはり時季外れなので小さなつぼみから先になかなか成長が進まず、毎日やきもきと育ち具合を見守っているわけである。それでも先週からようやく、一部のつぼみからくるくると巻いたものが伸びてきて、もうちょっと頑張れば咲くかも、というところまで来た。

IMG_20201108_093345_.jpg

何だか、こんな遅い時季になってまで花を咲かせようとさせてしまい、申し訳ない感じもする。来週の予報ではとうとう最低気温に氷点下の数字も見え始めたが、まだまだ昼間は暖かい。あのヘブンリーブルーの青い花が来週あたりは見られるといいなあ。

もうひとつ、毎日成長を見守っているのがプランター植えのニンニク。

IMG_20201108_093407.jpg

ニンニク、去年は9月中に植えていたのだが、今年はうかうかしている間に10月も後半に入ってしまい、やや時季遅れになった。植えてから3週間経って、芽は出そろってきたのでとりあえずは安心。でもやはり去年の今ごろと比べて成長具合が違いすぎるので、無事に冬越しできるように慎重に様子を見つつお世話したい。去年のニンニクは、地植えのものは秋の成長は素晴らしかったけど、なぜか春になったら逆に急速に衰えて、あまり大きなニンニクができないまま枯れてしまった。プランター植えのほうがずっと良い結果になって、ほんとに植物の生育は最後まで予測できないものだと痛感させられた。今年のニンニクも、今後どう展開していくのかじっくり見守ろう。

IMG_20201108_093433.jpg

春からの植物で11月になっても元気に生き残っているもののひとつが、4月に苗を通販で買ったカレーリーフ(カリーパッター)。暑い国の原産なので寒さに弱いかと思っていたが、冷えるようになっても少し黄色っぽくなった程度であまり衰えを見せず、相変わらずいい香りの葉をどんどん出してくれる。当地でうまく育つかどうかわからないまま苗を買ってみたが、大成功だった。氷点下の冬には室内で冬越しをすることになるだろう。これも注意深く様子を見守りつつ、冬越しも無事にできたらとても嬉しい。

タイトルとURLをコピーしました