「Help!」の当初のタイトルは「Eight Arms To Hold You」、ではなかった

ビートルズ2作目の映画「Help!」(4人はアイドル)の仮題が「Eight Arms To Hold You」だったのは有名な話。ビートルズ4人で8本の腕があなたを抱きしめる。このあまりスマートとはいえないタイトル、映画の制作側が考えたものだとずっと思っていたけど、自分が持っている2007年発売のリマスターDVDの解説をこないだよく読んだら、これまで自分が何となく認識していたことと違う事実が書かれていた。解説の冒頭に載っている、リチャード・レスター監督の文章によると、「Eight Arms To Hold You」は「A Hard Day’s Night」と同様にリンゴのアイディアで、「8本の腕」とは映画に出てくるカイリ教の神像の腕がたくさんあることにちなんでいたという。ビートルズ4人の腕が神様像みたく重なっているイメージかな。

IMG_20200116_152105 (2).jpg
解説に載ってるスチール写真より。実際には10本あるようだが。

さらに「Eight Arms To Hold You」は「Help!」の当初のタイトルですらなく、仮に「Beatles Two」として原案を考えていた段階から、「Help」というタイトルにするつもりだったらしい。ただし、この「Help」にはビックリマークが付いていない。著作権上、同じ題名がすでに登録されていたために映画のタイトルに使えないことがわかり、「Help」は一旦あきらめて別のタイトルを検討することに。その過程で「Eight Arms To Hold You」が浮上したようだ。その仮タイトルで制作を進めていくうち、法務からのアドバイスで「Help」にビックリマークを付ければ著作権問題は解消することがわかり、「Help!」に落ち着いたのだという。

IMG_20200116_151458.jpg

タイトル曲は、トップスターであることに辟易として救いを求めていたジョンがはじめて発した心の叫びだった、という有名な話も、もちろん事実なのだろうけど、このビックリマークがなければ「Help」というタイトルは没のままだったので、「Help!」も生まれなかったことになる。ジョンは「参ったぜ、映画のタイトルが『Eight Arms To Hold You』から『Help!』に変わったんだ、これに合った新曲を書かなきゃ」と言って「Help!」の作曲を始めたという(wikipedia)。

IMG_20200116_151728 (2).jpg

2007年に発表された文章だから、知っている人はとっくに知っていて何を今さら、なのだろうけど、自分は今まで知らなかったので、この記事を書いた。もしかすると、リチャード・レスター監督も、「Eight Arms To Hold You」が何となく自分のせいにされている現状を是正したくて、DVD解説で事実を明らかにしたのかもしれない。あれは自分ではなくリンゴが考えたんだよ、と。まったくもって、「Eight Arms To Hold You」と「Help!」では、大違いである。ビックリマーク1個で歴史が変わることもあるんだな。

タイトルとURLをコピーしました