インド日記2013年7月:ナーシクのワイナリーで山梨にいる気分になる

日本にいても、ふとした場所でインドの光景を思い出すことがよくある。人工物の少ない場所では特にそうだ。山道などを車で走っていると、ここはプネ近郊で何度か走った山道を思い出す、ここはゴアに抜ける途中に通ったカルナータカ州のあの道そっくりだ、とインド各地にしょっちゅうワープしてしまう。ブドウの産地に行けば、この日記に書いたナーシクを思い出す。インド時代、ナーシクに行ったときには逆に、日本の山梨にワープしていたようだ。インド国内で行くインド旅行は楽しかった。

2泊3日でナーシク観光に行ってきた。ムンバイから車で4時間ほどのナーシクは、マハーラーシュトラ州でムンバイ、プネに続いて3番目に大きな都市で、ヒンドゥー教の大祭クンブ・メーラーが12年おきに開催されるほか、ワインの産地として有名。前に住んでいたフラットのオーナーはナーシクにワイナリーを持っていて、しょっちゅうムンバイとナーシクを往復していた。ムンバイとナーシクを結ぶ国道3号線の沿道は雨期ならではの美しい緑の景色。

100_8240.JPG

ナーシク中心部、川沿いのお寺が集まる場所にあるガート(沐浴場)は、いかにもインドなミニ・ヴァラナシという感じの場所だった。聖なる水で沐浴しに来た人、ただ水辺でボーッとしに来た人、布一枚だけまとったヒンドゥー行者、いろんな人々で賑わっていた。川辺に腰掛けてインド旅行者気分を味わう。

100_8281.JPG
100_8286.JPG

ガートのそばには野菜市場が出ていて、ムンバイの半値以下の価格で新鮮野菜がたくさん売られていた。

100_8288.JPG

ナーシク一番の見どころは、ワイナリー。SULAワインはインドでナンバーワンのワインブランドで、日本にも輸出している。そこのワイナリーは素敵な観光スポットだった。ムンバイではあり得ない爽やかな涼しい風が吹いて、まるで山梨にいる気分だった。ブドウ畑を眺めながらワインとおつまみを注文できるテラスがあり、みんなくつろいでワインを楽しんでいた。別棟にはイタリアンとインド料理のレストランもあり、イタリアンで昼食。ここは他のインドとはまるで別世界、ワインに興味がなくても十分楽しめると思う。ワイン造りの工程は見られなかったが、その場で申し込めるツアーに参加すればガイドしてもらえるようだ。4種のワインのテイスティング付き。

100_8347.JPG
テラスからの眺め

100_8346 (2).JPG
100_8334 (2).JPG
花咲くワイナリー

100_8324.JPG
お留守番中の猫様へのおみやげに一本持って行った

100_8340.JPG
SULAのマークをあしらったワイン工場

タイトルとURLをコピーしました