「It's Johnny's Birthday」のビデオが公開されていた(誕生日をとっくに過ぎて)

今年はジョン・レノン生誕80周年記念イヤーということで、ジョージとジョンの二人の関係に焦点を当てて編集された、ジョージ公式のSpotifyプレイリスト「It’s Johnny’s Birthday」については先日記事にしたけど、公式Youtubeにも1分に満たない同曲のビデオがアップロードされていたことにさっき気付いた。


な、なんじゃこりゃ。ちょっとめまいがしてきそうなアニメーションイラストの映像。何かメッセージでもあるのかと見始めたが、特に何もなさそうである。だいたい、公開日は10月20日となっているけど、10月9日のお誕生日はとっくに過ぎているじゃないか……まあ、この曲自体がほとんど冗談みたいなものだし、これもジョニーの誕生日に引っかけて公開された軽いシャレなんだろう。こういうのは嫌いじゃない、全然。

ついでに公式Youtubeの公開動画をのぞいていたら、ジョージのハッピーバースデーを銘打った映像もあった。2015年の2月25日に公開されていたもので、自分はさっき初めて見た。フライアー・パークの庭園で「All Things Must Pass」のジャケを再現したセットの中、長靴を履いたジョージがトラベリング・ウィルベリーズの「Congratulations」を即興で軽く歌っているクリップ。2000年、「All Things Must Pass」30周年記念盤のために撮影をしていたときのワンシーンだという。


毎年ではないが11月29日の命日にも、ジョージ追悼動画がアップされている。昨年のものは、こんなに静かな美しい映像。花咲くフライアー・パークの庭園にたたずむ1999年のジョージ。

10月もあと一週間ちょっと。日が短くなり、気温が下がってきて、今年もジョージが亡くなった月が近づいているのを肌で感じる。

タイトルとURLをコピーしました