訳詞:Cheap Trick「Surrender」

この曲が何を歌っているのか、英語の歌詞を読んだだけではよくわからない部分が多い。和訳サイトの中には、ベビーブーマーの親世代が第二次世界大戦で受けたトラウマを歌っているのだという解釈で、かなりシリアスな内容に訳しているサイトもあった。それも興味深いけど、自分の中でのこの曲はあくまでもハッピーな「ティーン・アンセム」で、若いファンに向けて語りかけたもの。小さな子供にとって両親は決して逆らえない絶対的な存在だけど、ティーンになって成長するにつれて、子供は親と対等に渡り合うようになっていく。この曲でのチープ・トリックは、物のわかった「隣のお兄さん」的存在で、サビの歌詞ではこの曲を楽しむティーンエイジャーにアドバイスをしているんだと思う。親も結局ただの人間、わりといい加減なもんだぜ。口うるさく言われてもとりあえず逆らうな、話半分に聞いとけ、でも自分はしっかり持つんだ、というメッセージ。

歌詞の中で意味のわからないところは、ネイティブの人たちが解釈について語り合っているサイトを参考にした。「今年の敗者たちに一体何が起きたんだろう」の部分は、ネイティブでもよくわからないようなので、あえてこじつけの解釈はせずにストレートに訳した。

母さんは言ったよ 君みたいな女の子と出会ったら気をつけろって
「どんな病気をうつされるかわからないんだから」だってさ
とある兵隊さんがあれを切り落とす羽目になったって話も聞いたばかりだよ
なんかインドネシアから来たろくでもないのがうろついてるとか

ママは大丈夫 パパも大丈夫 ちょっとヘンな人たちだけど
降伏しとけ 逆らうな
でも譲れないところはしっかり守れよ

父さんは言ったよ「母さんの言うとおり 母さんは物事をよく知ってるんだ」
結婚前のママは、フィリピンでWAC(陸軍婦人部隊)に従軍してたんだって
そのWACがおばさんたちを戦争に送り込んでたって話は聞いたことあるけど
ママがそんなんじゃないって僕は知ってるさ、もうとっくの昔にバレてるよ

ママは大丈夫 パパも大丈夫 ちょっとヘンな人たちだけど
降伏しとけ 逆らうな
でも譲れないところはしっかり守れよ

今年の敗者たちに一体何が起きたんだろう?
いつも考えてしまう、奴らはどこに消えたんだろうって
僕が目覚めると、ママとパパはソファーの上でロールしてたよ
音楽を流しながらロックンロールしてたんだ、僕のKISSのレコードをかけて

ママは大丈夫 パパも大丈夫 ちょっとヘンな人たちだけど
降伏しとけ 逆らうな
でも譲れないところはしっかり守れよ

IMG_20190511_005457 (3).jpg

タイトルとURLをコピーしました