訳詞:The Beatles「Taxman」

何十周年記念の区切りとは関係なしに唐突な感じで今月末頃に出ることになった、ビートルズの「Revolver」スペシャル・エディション。自分は遠巻きに眺めている。とりあえずYoutubeでも音が聴けるのなら、まずは有り難く聴かせてもらう。「Taxman」の2022年ミックスが先行して公開され、ビデオも日本時間の昨晩に公開されたようなので、今さっそく1回見てみた。面白いリリックビデオになっていた。こうやって歌詞の内容が耳からだけでなく視覚的にもダイレクトに入ってくるのは、非英語圏の人間には有り難いことだ。見終わってから思い立って、歌詞全編を10分ぐらいでガーッと訳してしまった(後からちょこちょこと修正もしつつ)。「タックスマン」というフレーズをどう日本語にするか、少しだけ迷ったけど、リリックビデオに出てくる「TAXMAN」がヒーローもののロゴみたく描かれているので、偽物ヒーローっぽく「税金マン」にしてしまった。実際、いったん訳詞を上げてから調べて知ったのだけど、この曲は「バットマンのテーマ」から影響を受けているらしい。言われてみれば、たしかに!と納得。だから、少々馬鹿っぽく聞こえるかもしれないけど、「税金マン」でも真意からそれほど外れてはいないと思う。

なお、言わずもがなのことを念のため書けば、「Taxman」は我らのジョージがソングライターとして大覚醒した「Revolver」のオープニングを飾る、超絶かっこいい名曲である。

わんー、とぅー、すりー、ふぉー、
わんー、とぅー、(1, 2, 3, 4!)

それでは仕組みをご説明させていただきます
貴方の取り分は5%、残りの95%は当方の収入になります
なぜなら私は税金マンですから
そうです、私は税金マン

万が一 5%では少なすぎるとご不満のようでしたら
全額徴収しないだけ有り難く思っていただきたいものです
なぜなら私は税金マンですから
そうです、私は税金マン

(車を運転するなら)道路税をお納めください
(座るときには)座席税をお納めください
(寒くて凍えそうなら)暖房税をお納めください
(散歩するときには)足税をお納めください

税金マーン!
(ポールのギターソロ)

なぜなら私は税金マンですから
そうです、私は税金マン

税金の使途に関するご質問にはお答えいたしかねます
(ハッハー、ウィルソンさん)
あまり追及なさると追徴課税が適用される場合があります
(ハッハー、ヒースさん)
なぜなら私は税金マンですから
そうです、私は税金マン

これからお亡くなりになる方々に大切なお知らせです
(税金マン!)
ご葬儀で目蓋に載せる1ペニー硬貨のご申告もお忘れなく
(税金マン!)
なぜなら私は税金マンですから
そうです、私は税金マン

皆様が日々の仕事に励むのは
ほかでもない私のためなのです
(税金マーン!)

タイトルとURLをコピーしました