オクラ初収穫、キュウリももうすぐ

今の自分の生きがいを一つ挙げよと問われれば、即答で「庭のキュウリ」である。これしかない。庭の植物の成長を眺めることと、近所の酒蔵で造っている日本一美味しい日本酒を一晩おきに飲むこと、この二つだけが今の自分を支えてくれる大切な生きる喜び。7月に入って支柱を立ててからの八町きゅうりの成長ぶりは本当に目覚ましくて、毎日何度も庭に見に行っては、ぐんぐん伸びる茎を支柱にくくりつけ直している。一日に何回見ても、そのたびに大きくなっている気がする。そろそろ、本格的な実を付けても大丈夫そうな大きさに成長してきて、最初のキュウリがもうすぐできそう。

IMG_20200721_064740 (2).jpg

この白い粉を吹いた感じは、まさしく八町きゅうり独特のもの。写真のもの以外にも、小さいキュウリが続々とできていて、収穫祭りも近そうだ。きっと大収穫祭になる。昨年夏の種取りから始まって、春に種を蒔き、発芽植え付け支柱立て……と色々手をかけながら生育プロセスを全部見てきたので、この八町きゅうりには思い入れが大きい。ここまでうまく成長して、昨年と同じ実ができてきたのは本当に嬉しい。これこそが「生きがい」というもの。種からの栽培は初めてだったので、うまくいくか自信なかったけど、やってよかった。

IMG_20200721_064830 (2).jpg

今朝はオクラも初収穫できた。取れたのは3本だけだけど、完璧なオクラ。花も綺麗なら実も綺麗、やはりオクラは最高である。4年前に庭で初めて育てて、去年はやらなかったので今年で3年目、扱い方にも慣れてきて安心して育てられるようになった。今年初収穫の3本は、さっそく茹でて朝食にいただいた。スーパーで買ったオクラも一緒に茹でたけど、そちらは切り口が丸い品種なので庭の収穫とは簡単に区別できた。どちらも美味しかったけど、採れたての新鮮なオクラは柔らかさが抜群だった。オクラは収穫のタイミングが結構難しくて、うっかり収穫が遅れるとバリバリに筋張って食べられなくなってしまう。今朝は初収穫ということもあって気持ち早めに取った。

IMG_20200721_064547.jpg
IMG_20200721_064652 (2).jpg

キュウリ、オクラ、大葉、ミニトマトと、夏野菜の季節が今年もとうとう始まった。庭が一番楽しい季節。野菜だけでなく、朝顔もまたやっていて、るこう朝顔の最初のつぼみができたところ。当ブログ初の園芸記事の主役だった、赤い小さな花をたくさん咲かせる朝顔である。これも種取りして毎年育てるようになり、今年も種を蒔いて発芽するやいなや、庭から2階ベランダまで張った麻ひもに巻き付いてぐんぐん伸び、もうベランダまで届きそうな勢い。あの可愛い真っ赤な花と今年の夏も再会できるのがとても楽しみ。

タイトルとURLをコピーしました