新しい庭にオクラを植え、キュウリの種を蒔き

こちらに越してきて今週で3週間になる。自宅周辺の朝散歩コースを開拓し始め、庭には植物を植え始め、少しずつこの地に根を張ろうとしている。まだまだ心の中では不安感や緊張感がない交ぜになっていて、落ち着かなさは残る。あまり誠実とは言えない不動産屋とのやり取りも、かなりストレスが溜まる。引っ越しに伴うゴタゴタから完全に解放されるにはもう少し時間が必要。それでも、新しい庭でまた植物と触れ合えるようになったのは嬉しい。以前よりは少し広いスペースが使えるので、どんどん育てたい。先日はホームセンターで良さそうなオクラの苗を見つけて、さっそく買ってきた。こういうのも一期一会なので、今日はまだ落ち着かないからと見送ったりすると、次にお店に行ったときにはもう苗が残ってなかったりする。ひとたび苗が手元にやってくれば、今度は狭い育苗ポットに押し込められた状態のままにしておくのがいたたまれなくなって、なるべく早く植えなければという圧が働く。堆肥と培養土の大きな袋を買ってきて、庭をスコップで耕して、買ってきた苗を植えた。すぐにくたびれる面倒くさがりの自分でも、苗という生き物を前にすると、こうやって土を掘って植え付ける方向に次から次へと突き動かされるのである。

IMG_20210418_115355.jpg

例年オクラは2つ植えていたが、今年は3つ。背後に並ぶのは、元から植わっていたすずらん。

IMG_20210420_115605 (2).jpg
今朝の様子。もう小さなつぼみが出ているのも見える。

さらに今朝は、旧居の庭で育てて種取りをしておいた、八町きゅうりの白い種を蒔いた。8つのポットに3粒ずつ。去年の八町きゅうりは素晴らしかった。気候の違う土地に来たけど、去年みたいに盛大に育ってほしい。

IMG_20210420_115019.jpg

もうひとつ、去年はオクラの種取りもしていて、八町きゅうりの種と同じ箱に乾燥した大きなオクラを数本入れてあった。オクラを種から育てるのは何度か試みたがまだ成功したことがなくて、今年はもう苗を植えてしまったし、種はまた来年にでも、と思っていた。それでも試しに、ひからびた種取り用オクラをパカッと割ってみたら、良さそうな種がずらりと。

IMG_20210420_120559 (2).jpg

これを見てしまったら、こちらも種蒔きをせずにはいられなくなった。結局、4つのポットに3粒ずつ、オクラの種も蒔いてしまった。こないだ苗を植えたばかりなのに。まあ今回は実験である。以前の土地より温暖なところに来たので、オクラを育てるのには適しているはず。あわよくば、こちらも綺麗な花を咲かせて、美味しいオクラをたくさんつけてくれれば最高だ。やはり、既成の苗を植えるよりも、種から育ててうまく芽が出て順調に育ち、最終的に収穫まで行けたら、それが何よりも一番嬉しい。その種が、以前に自分の育てた植物から取ったものだったら、嬉しさはさらに何倍にもなる。そんなわけで、引っ越し直後から否応なしに植物に突き動かされながら、今年の園芸シーズンも新しい庭でこれからどんどん展開していくのだろう。

IMG_20210420_121229.jpg

タイトルとURLをコピーしました