定点観測の梅は新緑真っ盛り

散歩コースにある梅の木で毎年巡り巡るシーズンサイクルを日常的に観察するようになって、今年で3年目。定点観測シリーズ、前回記事は梅の花が満開のときだったが、あれから花が散り、いまは新緑真っ盛り。

まず花が終わった先月、4月22日。花びらが散った後、しばらく赤いがくだけが残る。この状態もなかなか美しいことに去年気づいた。右後ろの桜はまだ満開。

IMG_20190422_083421.jpg

10連休中の5月3日。新しい季節の始まりを感じさせる緑の葉が芽吹いてきた。

IMG_20190503_071520.jpg

そして今週初め、5月13日にはもう新緑いっぱいの梅の木になっていた。木の近くにある小学校の校庭では赤白帽子がきちんと並び、拡声器で飛ばされる先生の声に従って行進の練習をしていた。当地ではこれからが運動会の季節である。

IMG_20190513_085915.jpg
IMG_20190513_085905.jpg

定点観測シリーズをお読みになる際の推奨BGMはこちら(書いてる本人の脳内で流れている)

タイトルとURLをコピーしました