定点観測の梅、ただただ花は咲いて散る

今朝も自分は至って健康に、いつもの散歩に出ることができた。先週末には雪が積もったばかりの当地でもどんどん気温が上昇していて、今朝は急な坂を登っているうちに暑くなって、上着を脱いで歩いた。桜もどんどん咲き始め、先週末は雪の上に野ウサギの足跡が付いていた斜面も、春の花でいっぱい。水仙、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ムラサキハナナ(ハナダイコン)、スミレなどなど。春先の草むらに盛んに咲くナズナ、すなわちペンペン草の黄色い小さな花は、可愛くてとても好き。

IMG_20200404_102707.jpg

「それでも花は咲く」なんてつい言いそうになるが、何となく引っかかる。植物たちにとっては、人間目線の「それでも」も何もありはしない。春になって気温が上がり、シーズンサイクルに従って今年も綺麗に花を咲かせた。外に出られる人間はそれを楽しませてもらうだけ。それだけであって、それでもではない。そんなことを思いつつ、今朝も定点観測。

IMG_20200404_102858.jpg
IMG_20200404_102911.jpg

梅の花は満開を少し過ぎて、すでに散り始めている。散り始めの梅も好き。真っ赤ながくが鮮やかなのである。今朝も梅の花は甘い香りをふんわり漂わせてくれて、最高だった。そばではユキヤナギも咲き始めて、まぶしい花の共演を見せてくれた。

IMG_20200404_103050.jpg

タイトルとURLをコピーしました