定点観測の梅、新緑の5月

人間界では緊急事態宣言まっただ中の5月、植物の世界はいつものように、春から夏へと美しく移り変わっていく。花と爽やかな新緑の両方が楽しめる今が、一番好きな季節。5月末までの臨時休校延長が決まった息子と行く散歩コースは、いつもと少し違うコースを開拓中。穏やかな日差しとまぶしい新緑、日替わりで顔ぶれが変わる道端の花たちを楽しみながら、少しだけ見慣れない風景を軽い足取りで歩いて、いい気分転換ができた。コースの途中ではもちろん定点観測を欠かさない。梅の木も少しずつ新緑が出てきている。

IMG_20200501_102348.jpg
IMG_20200501_102401.jpg

花が終わって、一時的にまた枝ばかり目立つ梅の木になっているが、これから新しい葉がたくさん出てきて、夏の装いになっていく。一ヶ月もすればまた実を付けるだろう。梅の近くにある桜の木はすでに新緑真っ盛り。

IMG_20200501_102241.jpg

毎日毎日、地域の防災無線では先行きの希望も出口も示さずに、今が緊急事態であることをひたすら念押ししてくる。そのたびに胃がキリキリとしてくるが、そんな人間界をよそに植物の世界は新たな命が始まる希望を生き生きと見せてくれる。新たに生まれてきた木の葉の鮮やかな緑色を見て、頭に浮かぶのは「希望」の2文字だけ。自分が生まれた5月、この季節は一番好きなのだ。

IMG_20200501_143018 (2).jpg
自部屋の壁に飾っている野鳥カレンダー、5月はモズ。これまたかわいい。

タイトルとURLをコピーしました