定点観測の梅、梅の実に雨が降るから梅雨なのか

6月も終わって、梅雨まっただ中のまま7月に入った。いつもの梅の木も、とうとう完熟してきて赤みがかった黄色い実がよく目立つようになってきた。青い実ができてから一カ月半、けっこう時間がかかるものだ。

IMG_20200630_083212 (2).jpg
IMG_20200630_083439_.jpg

ところで、定点観測を何年か続けていると、梅の実が熟す頃に梅雨になることがよくわかる。梅干しは梅雨が始まる頃に漬け始め、梅雨が明けたら干すことになっている。梅と梅雨は何かと関係がある。やはり「梅雨」という言葉は梅から来ているんだろうか、と前から気になっていて、この記事を書く前に少し検索してみた。以下、朝日新聞のサイト。

ことば談話室「梅雨――ウメとアメの関係は」

要約すれば、雨がよく降るこの時期を表す言葉として、日本には元々「つゆ」という言葉が室町時代からあった。やがて、同じ時期を指す「梅雨」という漢字が中国から渡来してきて、時代の経過とともに両者が合体して、現在使われている「梅雨(つゆ)」という日本語になったようだ。そして中国の「梅雨」の語源については、「かび」を表す字に同音の「梅」を当てたという説もあるようだが、上の記事には「『梅雨』という字があてられたのは、梅の実を太らせる雨として受け取られていたことを示すものでしょう」とある。梅の実が熟していく様子を日々眺めている定点観測者としては、やはりこれが納得のいく結論である。

タイトルとURLをコピーしました