定点観測の梅、紅葉が始まってポールのライブを思い出す

毎朝の散歩コースで紅葉が楽しめる季節になってきた。近所にある神社のモミジが特に美しくて、緑から黄、赤へと色の濃淡が見るたびに複雑に変化していくのを毎年眺めてはため息をついている。下の写真は先週撮ったもの。今ごろはまた違った様子だろうから明朝も見に行ってみよう。

IMG_20201014_094005.jpg

今朝はこの神社を通るルートとは別の定点観測コースを歩いた。いつもの梅も、少しずつ紅葉が始まってきた。

IMG_20201021_082855.jpg
IMG_20201021_082916 (2).jpg
IMG_20201021_083131 (2).jpg

定点観測の梅の紅葉というと、思い出すのは2年前のこと。10月末に父と一緒に東京ドームでポール・マッカートニーのライブを観て、実家に泊まり、翌朝こちらに戻ってきたときに高速バスを降りてから少し寄り道して、梅の木の様子を見に行った。そのときの梅は、とても綺麗に紅葉していた。あのときはまだ当ブログを立ち上げたばかりで、定点観測は以前から続けていたものの、ブログ記事としての定点観測シリーズは始めていなかった。だから、ここに当時の写真を載せる。何となく、あのときのポールのライブと定点観測の梅の紅葉はセットで思い出されるのである。

20181101_102843 (2).jpg
2018年11月1日撮影

ポールと同い年の父、前から緑内障を患っていて、今年は視力低下の進み具合が早くなってきたとのことで、もうじき失明するかもしれない、と一時は大いに心配させた。先月に思い切って手術を受け、結果はまずまず良好のようで、趣味の農園作業も再開したというFB投稿を見てひとまず安心。目が見えなくなるというのは本当に大ごとである。父も、そして昨日から「McCartney III」のリリースをほのめかしているらしきポールも、まだまだ末永く元気でいてくれますように。

この投稿をInstagramで見る

🎲🎲🎲

Paul McCartney(@paulmccartney)がシェアした投稿 –

タイトルとURLをコピーしました