定点観測の梅、すべてが美しすぎる秋に枯れていく葉

先週からは素晴らしい秋晴れの日が続く。惜しげもなく青い、とでも形容したくなるような真っ青な秋空に映えて、美しく複雑な濃淡を見せる紅葉や黄葉が近所の至る所で見られる。

IMG_20201109_092553.jpg
IMG_20201108_122312.jpg
IMG_20201108_123735.jpg
IMG_20201110_092538.jpg

この季節の散歩は本当に、秋の自然の美、色の洪水に圧倒されてしまう。同じ木でも見る角度によって全然違う色が見えたりする。涙のわけは、すべてが美しすぎるからさ、ハッ!(スモール・フェイセズ「Itchycoo Park」より)というフレーズを思い浮かべながら、今朝も定点観測の梅へと向かった。今回も、先週の水曜日に撮った写真と本日火曜日に撮った写真を似たようなアングル同士で並べてみる。

IMG_20201104_080031.jpg
IMG_20201110_093158.jpg
IMG_20201104_080037.jpg
IMG_20201110_093219.jpg
IMG_20201104_075954.jpg
IMG_20201110_093328.jpg

この一週間でずいぶん葉の枯れ具合が進んだ。隣の桜と比べて梅の紅葉は渋い。緑を残したまま枯れていく葉も多そうだ。そのうち枯葉がすっかり落ちて、木々はまた冬の姿になる。今の季節は春と並んで、日々変化していく植物の綺麗な姿をたっぷり堪能できるとき。凍てつく寒さの冬が来る前の、本当につかの間の美しさを毎日楽しんでいる。

IMG_20201110_093259.jpg
梅の根元。おそらく落ち葉の大部分は隣の桜から落ちたもの。

タイトルとURLをコピーしました