真っすぐ伸び始めた赤玉ねぎと冬のトウガラシ

冬至まであと一週間。日が短くなりきった12月現在、自宅での庭仕事はほとんどしていない。おそらくこれが今年最後の園芸記事になるだろう。来年の春に向けて、植えたいものはもう先月に植え終えてしまった。11月上旬に植えた(そのときの記事)赤玉ねぎは、1か月半経って大部分がうまく根付いたようだ。植えてからしばらくは敷き藁の上にふにゃっと横たわっていたけど、最近はまだ細いながらもネギらしく真っすぐ上に伸び始めている。この調子でうまく冬を越してくれたら、春からの成長が楽しみだ。

IMG_20211215_131833.jpg

現在の庭で唯一の収穫物は、赤トウガラシ。梅の木の下で拾った種から育てた国産トウガラシはすでに夏の終わり頃から赤くなり始めていたけど、同時に種蒔きして育てていたインド産の方は比較的成長が遅くて、ようやく最近になって赤く熟してきた。もう朝には霜が降りるようになって、葉が黄色くなってほとんど落ちてしまい、鮮やかな赤いトウガラシだけがぶら下がっている。

IMG_20211215_131800_.jpg

もう少し完熟させたら、収穫して料理に使ってみるつもり。寒冷地で暮らしていた去年までは、こんな12月になってまだトウガラシを育てているなんて到底考えられないことだった。所変われば園芸も変わる。先にできていた国産トウガラシの方は、収穫して乾燥させた後で細かく輪切りにして、レッドホットな薬味として食卓に置いている。

IMG_20211215_090351.jpg

自分は辛いものが大好きなので、どんな料理にもこれを散らしてすぐに辛くしてしまう。よく見る国産ものだから辛さも穏やかなものだろう、と最初は少しなめていたのだが、とんでもない。トウガラシ慣れしている自分にも驚きの激辛具合である。辛いだけでなく苦みも良くて、トウガラシ好きにはたまらない。かつて定点観測していた梅の木からの贈り物は思いがけないほどの逸品だった。もちろん、来年につなげるための種もしっかり取ってあるので、今後も毎年シーズンサイクルをぐるぐる回しながら、このトウガラシを末永く育て続けたい。

タイトルとURLをコピーしました