さよなら2021年 さよならSpotify~軍事企業への投資に反対します

このたび、Spotifyの有料プランを解約した。パソコンとスマホからアプリも削除した。西友BGMやジョージスライドなどの公開プレイリストは残しておきたいので、今のところアカウント自体は削除せずに無料プランで存続させるつもりではいる。有料プランは来年の1月4日をもって終了になる。お金を払いたくない理由は、下記の記事にあるとおり。

Spotify CEOがAIを利用した防衛技術へ投資 アーティストや音楽ファンから反発も(block.fm)
スポティファイ、CEOが軍事企業に投資したことが物議を醸すことに(NME Japan)

SpotifyのCEOが1億ユーロ(約130億円)を投資したヘルシングというのがどんな企業なのか、ホームページを見てみたところで具体的なことはほとんど書いていない。薄い情報から知り得た限りでは、要するに西側の価値観で言うところの「民主主義」を護持するために人工知能を利用するということらしい。おそらく、非「民主主義」国における軍事行動で、狙った標的を正確に攻撃するために使われるのだろう。911テロへの報復として強行されたアフガニスタン戦争、イラク戦争に強く反対してきた自分には、上記のことは受け入れがたい。

自分はApple製品を使っていないので、Apple Musicに乗り換えるわけにもいかず、これで音楽配信とはひとまずおさらばということにする。Spotify対応のアンプも買ったばかりだけど、致し方ない。どっちみち、配信で気に入った音楽はCDを買ったり、Bandcampで音源を買ったりしていた。音楽生活がひとつシンプルな方向に戻って、すっきりするじゃないかとも思う。SpotifyがAIで自分用におすすめしてくる音楽は時々おっと思わせるものがあって良かったし、スタッフによる手作り公式プレイリストにも優れたものがあって、当ブログで記事にしたこともあった。Spotifyプレイリストのおかげで出会えた音楽もいくつかあって、今の自分にとって非常に大切なものも含まれる。こういったことには感謝しつつ、Spotifyとはさよならである。2021年も明日でさようなら。

タイトルとURLをコピーしました