Spotifyの「The Lovely Little Playlist」がとてもいい

音楽は世界を救うか。世界人類のことは知らないが自分のことならよくわかる。救われた。これまで、しんどいときは音楽の世界に避難してやり過ごすことで生き延びてきた。音楽は自分の一部であり、住みたい世界であり、なりたいものでもある。音楽を聴いて、良いなと思えれば自分は大丈夫。だから今も大丈夫。

Spotifyでこないだ見つけた上記プレイリスト。新旧取り混ぜた選曲、作成者はSpotify公式のようだが、とてもいい。何百回も聴いた大好きすぎる曲がいくつか、良い感じの既知の曲が半分あるかないか、残りはまったく知らない同趣向の曲という、自分にとっては理想の取り合わせ。その名の通り、素敵なプレイリスト。新しい音楽への入り口があちこちに隠れていそう。在りし日の西友BGMを思わせる。実際、西友でかかっていそうな曲がたくさん入っている。

以下はプレイリストに入っていて、非常に気に入った曲のひとつ。


アメリカ・デラウェア州ウェルミントン出身、The Spinto Bandの2005年作。全然知らない土地から出た知らないバンドの知らない曲。マンドリンをフィーチャーしたサウンドにマイナー4度のコード進行、ファルセットで繰り返されるサビのフレーズ、非常にツボにはまった。ビデオもすごくかわいい。アルバムも聴いてみたけど、いい曲がたくさん。2005年か……ほんと21世紀に入ってからのアメリカ各地のインディーポップは、自分はほとんど知らないのだけど名曲・名バンドがざくざく出てくる。もっと知りたい。Spotifyがあって本当によかった。

タイトルとURLをコピーしました