Teenage Fanclub「So Far Gone」

ティーンエイジ・ファンクラブの1stアルバム「A Catholic Education」には、ジェリーの単独作が1曲も入っていない。次作「Bandwagonesque」以降しばらくはノーマンと二枚看板でバンドの代表曲を連発して大活躍していたことを思うと意外だけど、最初期TFCでのジェリーはかなり控えめな存在だったようだ。ジェリーがTFCで初めてメインを張った曲は1990年の「So Far Gone」だろう。大名曲シングル「God Knows It’s True」のカップリング曲。


ただし、この曲のベストバージョンは断然、1991年のBBCピール・セッション出演時のものだと思う。シングルA面の「God Knows It’s True」も、ピール・セッションでの演奏の方が疾走感5割アップという感じ。どちらも、Strange Fruitレーベルから出た4曲入りEP「Peel Sessions」に収録されている。このEP、初期TFCのフレッシュな疾走ぶりを余すところなく捉えていて、パリッとした音質も含めて最高中の最高である。「So Far Gone」も自分はこちらのバージョンで親しんでいる。

疾走という言葉を上ですでに2回使ってしまったが、本当にジェリーの素晴らしい持ち味はこのクールミントな疾走感だったのだ。この最初期の曲から、在籍中最終作になった「Here」でのジェリー曲まで、それは一貫して変わらなかった。ルックスを含めて、奇跡のように若々しさを失わないジェリー、ほとんど人間離れしていた。でも歌詞を見ると不思議と厭世的だったり、出口のない虚無感を漂わせていたり、そんなダークな面も含めて希有な存在だったジェリー。今はどうしているんだろう。元気にしているといいなあ。

タイトルとURLをコピーしました