TFCニューシングル「Everything Is Falling Apart」公開

先日の来日公演で聴いたばかりの、レイモンドの新曲。あのとき「2週間前にレコーディングしたばかり」とノーマンが言っていたやつが、正式にスタジオバージョンで公開された。めでたい。ジェリーが抜けて、デイヴとエイロスが加わった5人のTFC、ファーストシングルはレイモンドの強力な曲。非常に熱い。


スタジオバージョンを聴くと、ライブのときとはちょっと違った印象。あの演奏のようにギターがざくざく歪んだりしていなくて、近年のTFCらしい音。マイルドになった分、キーボードとコーラスが耳に届いてきて、カラフルになった。ライブレポートでは、激しい曲調、ラウドに歪みきったギターなんて書いたのだが、歪みきってるのはお前の耳なんじゃないか、と言われそうである。いや、本当にそうだったのだ。録音とかしたわけじゃなくて脳内記憶だけなので、ちょっと自信なくなってきたけど。イントロとアウトロのギターアンサンブルが印象的なのは、ライブでも同じだった。本当にいい曲だ。

曲全体でエイロスのキーボードがいい彩りになっている。映像ではデイヴとエイロスも大きくフィーチャーされていて、これからはこの5人で音楽を作っていくんだぜ、という勢いが強く印象づけられる。そしてこれはレイモンドの曲なのである。やはり、今後のTFCはレイモンドがノーマンと一緒にぐいぐい引っ張っていくんだ。今度はノーマンの新曲が出てくるだろう。期待している。今後もTFCの新曲、そして新アルバムに期待できるなんて、とても嬉しい。


公開されているシングルのジャケ画像、アスファルトの裂け目に咲く花だとぱっと見では思ったけど、よく考えてみればこの花は固い地面の上に落ちたものなんだな。Everything Is Falling Apart。

タイトルとURLをコピーしました