12月のトマト、季節外れの大収穫に驚く(まだ青いけど)

今年の5月に、父がトマトの苗を5つ分けてくれた。そのうち2つは中玉トマトで、今までミニトマトしか育てていなかった自分にとっては初めての大きなトマト。7月になってぽつぽつとできはじめたけど、ミニトマトのように大量になることはなく、2~3個の収穫を時折もたらしてくれるだけだった。秋になってミニトマトは枯れてしまったけど、中玉はなかなかしぶとく生き続けている。植え付けから半年以上が過ぎ、かなり冷えるようになっても、新しい緑の葉が出て花が咲いたり、青いトマトがなっていたりするので、ずっとそのままにしておいた。夏が終わってから完熟はしなくなったけど、少し赤みがかった未熟なトマトがぽとりと落ちていることがたまにあり、拾って冷蔵庫に入れておけば時間とともに赤く熟して、料理に使えるようになる。中玉トマトは、地味ながら長きにわたって収穫をもたらしてくれていた。

今週はとうとう朝に霜が降りる日も出始めて、さすがに長生きのトマトもそろそろ終わりだろうと思い、この週末の朝、付いている実は未熟でもすべて収穫することにした。じつは先日、自宅前の路上に赤く熟したトマトが1個落ちていたことがあって、どう考えても自分が生け垣の向こうで育てているトマトなのである。12月にもなって食べ頃のものができていたなんて、全然気付かなかった。もしかすると、ほかにも目につかない場所に隠れトマトができているのではないか。秋からほとんど放置状態だったけど、久しぶりにちゃんと見てみたらびっくり。

IMG_20221210_105116.jpg
IMG_20221210_105306 (2).jpg

隣接する生け垣や紫陽花を支えにトマトの枝がぐいぐい伸びていて、普段は目に入りづらい場所に青いトマトが何個もなっている。よくよく探せば隠れトマトが次から次へと出てくるではないか。

IMG_20221210_105832.jpg

最終的に大小合わせて22個のトマトが収穫できた。大部分はまだ青い未熟なものだけど、熟しかけのトマトも1個だけ。これほどあったとは、今の今まで全然気付いていなかった。すごいな、中玉トマト。この冬場に貴重な大収穫である。真っ赤に熟すのを待って、トマトたっぷりパスタでも作ってどんどん消費してしまおう。楽しみだ。またまた庭の植物に大いに驚かされてしまった。

IMG_20221210_110325 (2).jpg

タイトルとURLをコピーしました