アンプが壊れたので新調した(YAMAHA R-N303)

音楽についてたくさん書いている当ブログだけど、書いている自分が所有する音響機器はどれもボロくて安っちいもので、オーディオ自慢記事などは書こうにも書きようがない。愛用のスピーカーは、BOSEの101MMという古くからある定番中の定番機種。その辺のお店でも食堂でも天井を見上げればよくぶら下がっているような、世間の日常風景にすっかり融け込んでいるものである。15年以上前にヤフオクで中古品を安く手に入れて、当時はこれだけでは物足りなく感じたので高音と低音を別のスピーカーで補ったりしていたけど、年を取ったらいわゆる「ドンシャリ」サウンドを聴くのが疲れるようになってきて、近年の自分にはBOSEだけでちょうどいい。ハイファイとはとても言えないのだろうけど、壊れるまでこれ一本で自分には何の不満もない。

IMG_20211213_141453 (2).jpg

オーディオの中心となるべきアンプも、昨日まで使っていた機器は展示品割引か何かで安売りされていたものを、やはり十数年前に買ったと思う。けっこう前から、いったんアンプの電源を切ると入れ直したときにブーンという雑音がしばらく出るようになってしまい、非常にうるさいので仕方なくずっと電源を切らないようにしていた。けっこう熱の出るアンプで、うちの猫が冬になるとよくアンプの上にぬくぬくとうずくまっていた。猫用ヒーターとしての効用はともかく、夜中にも電源を入れっぱなしにしているのは節電の観点から見てどうなのか、と後ろめたい気持ちを引きずりつつも、一応ちゃんと音の出るものを買い換える気にもなれずに、ここまで何年か引っ張ってきた。それが最近になって、とうとう電源を切らなくてもブンブン唸るようになってきて、ようやくボロアンプを引退させる決心がついた。

いざ新品を買おうとして困ったのは、手頃な価格の人気機種が軒並みメーカー欠品中で、どこの通販サイトを見ても品切れだったこと。コロナ禍のせいで世界中のさまざまな製造や物流が停滞していることはニュースで知っていたけど、どうやらオーディオアンプにまで影響が及んでいるようなのだ。手に入れようとしていた手頃な機種は、来年の2月頃入荷予定だとか。いつ来るかわからないアンプを待ちながら、あと何カ月もハムノイズ混じりの音楽を聴かされていては無駄にストレスが溜まってしまう。コロナ禍に音楽生活まで邪魔されるのは耐えがたい。仕方ないので、品切れの低価格機種よりもう少しだけ高いものを買うことにした。ヤマハのR-N303という機種である。

IMG_20211213_160931 (3).jpg

このアンプは「ネットワークレシーバー」と銘打たれていて、インターネットにWi-Fiで接続できる。ネットラジオが聴けるだけでなく、Spotifyなどの音楽配信にも対応している。だから少し値段が高いわけだ。そんな機能がなくても、従来通りアンプにパソコンをつないでそこから音を出せばネットラジオもSpotifyも聴けるのだから、自分は特に必要のないものにお金を払ったことになる。だけど、パソコンの電源を切ってもアンプの機能でSpotifyが聴けるというのは、夜中に落ち着いて音楽を聴きたいときにはちょっといいかもしれない。CDプレーヤー用のデジタル入力も備えている。せっかくプレーヤー側にデジタル出力端子があるので、デジタルで接続できればそれに越したことはない。こんなデジタル方面への対応だけでなく、アナログのレコードプレーヤーもそのままつなげる。要するに、レコード~CD~パソコン~ネット配信と、自分が十代の頃から現在まで付き合ってきた音楽メディア遍歴は一手に引き受けまっせ、というアンプなのである。

IMG_20211213_154802.jpg

自分が高校生の頃まではごく当たり前の存在だったアナログレコードは、80年代末にあっという間にCDに取って代わられた。そのCDすらも手軽なネット配信の威力にあえなく吹っ飛ばされ、配信だって将来はまた別の形の音楽メディアに道を譲るのかもしれない。どんな形であれ、何十年経っても自分はほぼ確実に、十代の頃から延々と聴き続けてきた同じような音楽を死ぬまで聴いていると思う。50歳近くまで生きてきてこうなのだから、この先もずっとこうだろうと予測がつくのだ。今回の新しいアンプも、またまともな音が出なくなるまで何十年でも引っ張るつもりである。まあ、これにして良かったかな、と今は思っている。音質面で特に不満はない。自分は変にのめり込んであれこれ音質の聞き比べなど始めると気分が悪くなってしまうので(心情ではなく身体的に)、オーディオは雑音さえ入らなければ大体OKということにしている。だから、このアンプは文句なしにOKである。心なしか音が明るくクリアになった気がするし、少なくともブーンというノイズは出なくなったのだから。

タイトルとURLをコピーしました