ザ・バード・アンド・ザ・ビー

訳詞

訳詞:Van Halen「Jump」

この曲の歌詞について、ギルバート・オサリヴァンの「Alone Again」と同様、実は飛び降り自殺について歌ったものだ、という説をよく見かける気がする。自分もわりとそのように思い込んでいたのだけど、実際のところどんなことが書かれているのか自...
音楽

Birthday

当ブログでは一応、更新を一週間以上は空けないことを最低限の方針にしているので、そろそろ何か書かなければならないのだが、このところずっとストレスフルな案件に取り組んでいて、今朝ようやく解放されたところ。ブログのことをろくに考える余裕もなく、書...
音楽

コロナ禍の夏のメリークリスマス:The Bird and the Bee「Put Up the Lights」

昨晩は、ザ・バード・アンド・ザ・ビーが昨年出したクリスマスアルバム「Put Up The Lights」を聴いていた。2005年結成、イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンの二人からなるこのユニットの音楽に、自分は一昨年になってSpoti...
音楽

Greg Kurstin X Dave Grohl「Sabotage」「Rainy Day Women #12 & 35」

プロデューサーのグレッグ・カースティンについては、当ブログで何度か書いたことがある。自分がこの人を知るきっかけになった、イナラ・ジョージと組んだ素晴らしいユニット、ザ・バード・アンド・ザ・ビーは今でも大好きでよく聴いている。ポールの「Egy...
音楽

The Bird and The Bee「Polite Dance Song」

最近、イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンのポップユニット、The Bird and The Beeの「Ray Guns Are Not Just The Future」というアルバムにSpotifyで出会って、ドはまりしてしまったこと...
音楽

The Bird and The Beeについて調べてみたらすごかった、そして西友BGMはまだ生きていた

近ごろ、The Bird and The Beeというポップ・ユニットの「Ray Gun」という曲がとても気に入ってしまったのは、こないだ記事にした。これが入ったアルバム「Ray Guns Are Not Just the Future」も...
音楽

鳥と蜂とシフォンズ(とジョージ)

またSpotifyで出会った曲の話だが、The Bird and The Beeというグループ?のこの曲がとても気に入ってしまった。 全体にオサレなジャズの雰囲気で、浮遊感のある短調のAメロから天国っぽいサビに行くのだが、ここのコード進行が...