ニンニク

園芸

収穫祭りはもうすぐ:今年のニンニクは二階建て

梅雨入りはしたけれど、まとまった雨が降ることはあまりないまま6月も終盤。今日も朝から晴れ間があって強い日差しが照りつける中、庭の様子を見れば収穫できそうなものが続々と。今朝はとりあえず、八町きゅうり2本とオクラ1本。 オクラは今年の初収穫。...
園芸

植えていなかったチューリップが芽を出した3月の庭

冬の間、自分の中でも園芸関連のことは冬眠状態になる。冬にも何か育てようとしたことはあったけど、やはり寒すぎてあまりうまくいかなかった。それでも3月に入れば春の兆しが見えてきて、例年なら今年は庭でどんなものを育てようか、今ごろから考え始めたり...
園芸

12月の庭:ヘブンリーブルー、ラベンダー、ニンニク、小松菜

12月に入って、昨日の朝は氷点下2度まで下がり、ついに本格的な冬が来たのをひしひしと感じた。夏に種を蒔いて遅咲きさせていたヘブンリーブルーもとうとう枯れてしまって、今朝片付けをした。先週はたくさん咲いて、最後の輝きを楽しませてくれた。11月...
園芸

晩秋の庭:ヘブンリーブルー、ニンニク、小松菜

先週末に初めて遅咲きの花を咲かせてくれたヘブンリーブルー(そのときの記事)、今週は毎日のように1つか2つは開いて楽しませてくれている。開花モードに入った朝顔に天気も味方して、今週は先月頃に戻ったような暖かさの日が続いている。花の様子も最初の...
園芸

11月の庭の植物たち:ヘブンリーブルー、ニンニクその他

秋も深まって11月、新しく植えたり種を蒔いたりする植物はもうないのだが、日々の変化はまだまだ楽しめる。玄関前に大家さんが植えた南天の木はだんだん紅葉してきて、赤い実も見られるようになった。この南天は毎年冬になるととても美しい姿を見せてくれて...
園芸

赤玉ねぎ、ニンニクほかを収穫、ポハを作った

6月は、昨年秋から育てていたものと今年の春に種を蒔いたものが入れ替わる時期。庭仕事をする頻度も増える。どうにも気分がダウンになりがちなこの頃だが、庭をいじっているときは楽しい。これをやる気力すらなくなってしまったら相当まずそうだが、少しまと...
園芸

ニンニクと赤玉ねぎのハーベスト・フェスティバル、とまではいかなかったが

週末の大雨が上がった月曜日は晴れて暑い朝。散歩から戻るやいなや、昨晩からやらねばやらねばと気が急いていたことをやった。庭に地植えしているニンニクの収穫である。まず週末に、その場の本来の作物であるニンニクを圧倒して巨大化していたパクチーを一本...
園芸

花盛りパクチーの横にオクラの苗を植え、ニンニクの収穫も

この寒冷地でも6月早々から30度近くまで上がる暑い日が続くようになり、小さな庭も夏モードに移行する時期。花が終わって葉も枯れたチューリップの球根を掘り出して、キュウリを植える場所を準備している。ニンニク畑のつもりだった場所に自生したパクチー...
園芸

パクチーは取り放題の当たり年、一方のニンニクは

今年の庭はパクチーの当たり年で、大きく立派に成長した株が2つ。ほかにも成長中のパクチーがいくつかあり、しばらくはスーパーで買う必要もなさそうだ。タイ人やインド人ではないので毎日コンスタントにパクチーを消費することはなく、ほしいときに庭から食...
園芸

庭の冬越し植物たち、3月の現状

この暖冬で、庭の植物たちの冬越し状況は上々。昨年の秋に植えたチューリップはすでに多数が芽を出している。 ちゃんとした家の庭に植えられているチューリップは色別にきちんと並べられているものだが、うちはちゃんとしていないので、ごちゃ混ぜ。数年にわ...