ニール・ヤング

音楽

Neil Young「Chevrolet」~ニール・ヤングにサブスクリプションした

ニール・ヤングとクレイジー・ホースの新作アルバム「World Record」の核をなす、15分以上に及ぶ「Chevrolet」。繰り返し聴けば聴くほど良さが増してくる名曲である。長尺ながら最後まで緊張感が途切れず、引き込まれているうちに15...
音楽

ニール・ヤングの新作「World Record」のCD、46分で2枚組の謎

ニール・ヤングが盟友クレイジー・ホースと組んで、新作「World Record」を一昨日リリースした。同じくクレイジー・ホースとの前作「Barn」から1年も経たずしての新作。今月で77歳になったニール・ヤング、創作意欲はとどまるところを知ら...
音楽

The Beatles「Get Back (Rooftop Performance)」、どうやって聴く

ビートルズが1969年にアップル本社ビル屋上で現役最後のサプライズコンサートを開いてから、本日で53周年。先日、録音が現存するこのライブの演奏曲全10曲を初めて収録したアルバムがリリースされた。ジャイルズ・マーティンによって新たにミックスさ...
日記

心が削れることはしない

ニール・ヤングとSpotifyに関する記事も、これで3日連続である。今朝は以下のニュース記事を読んだ。 ニール・ヤング、スポティファイから音源が削除されたことを受けて声明を発表(NME Japan) Spotifyから自身の音源を丸ごと削除...
日記

ヤングよりローガンを選んだSpotify

ジョー・ローガンというポッドキャスターがSpotifyでコロナワクチンに関する偽情報を流すことを許しているとして、ニール・ヤングがSpotifyから自身の楽曲を削除すると警告している、という最近のニュース。その件について当ブログに昨日書いた...
日記

ローガンかヤングか、どちらかだ:Spotifyとニール・ヤング

Spotifyの利用をやめるという記事を昨年末に当ブログに載せてから、もうすぐ一ヶ月になる。もちろんこっそり使用再開したりしていないし、後悔もまったくしていない。昨日は、ニール・ヤングがSpotifyへの抗議として、自身の楽曲を取り下げよう...
音楽

十人十色の「Greensleeves」

「Greensleeves」のことは一度書きたいと思っていた。今から500年近く前、16世紀より存在したと言われるいにしえのイングランド民謡。現代に至るまで、電話の保留音、アラーム、防災無線の時報などなど、とりあえず何かメロディが必要な場所...
音楽

Neil Young「Carnegie Hall 1970」

先日リリースされたばかりのニール・ヤングのアコースティック弾き語りライブ盤「Carnegie Hall 1970」、2枚組のCDを購入した。最初はSpotifyで聴き始めたのだけど、数曲聴いたところで「いやいや、やはりこれは買わねば」と再生...
日記

ニール・ヤングの声明~俺は、子供たちが心配なんだ

息子の中学校の夏休みが終わり、登校が始まって間もなく、しばらく放課後の部活が中止になるという知らせが来た。あらら、美術部の活動を楽しんでいた息子には痛いな、と思っていたら、今日はさらに驚くようなことを聞いた。休み時間に立ち歩くことが禁止にな...
日記

ニール・ヤングのメッセージを読んで

トランプ大統領があと一週間で権力の座を降りようとしている今、自分はアメリカの状況が恐ろしい。新しい大統領が無事にホワイトハウスに入れたとしても、超大国アメリカは真っ二つに分かれたまま互いに深く憎しみ合い、国内テロが頻発する内戦状態になってし...