ラジオ

音楽

Diving With Andy「Sugar Sugar」

ちょうど一ヶ月前ぐらいにCDを手に入れてから、自分内でひたすらずっと鳴り続けている音楽がある。Diving With Andyというフランスのバンドが2009年に出したアルバム「Sugar Sugar」である。夜な夜なCDをかけるのみならず...
訳詞

訳詞:Jay-Jay Johanson「Finally」

去年の記事で紹介したフランス公営ラジオ局「FIP」のネットストリーミング、今でも日常的によく聴いている。そこで先日流れて、ぐっと耳を惹きつけられた曲があった。すかさず楽曲情報を調べてみると、スウェーデン人のシンガー、ジェイ・ジェイ・ヨハンソ...
音楽

農園のラジオで聴いた鮎川誠さんのギター

鮎川誠さんが74歳で亡くなったと聞いた昨晩から、とても寂しい気持ちでいる。ユキヒロさんの訃報からまだ間もないのに。2023年1月、本当に何という月なんだろう。鮎川誠さんに対して、不思議な親しみの気持ちを自分の中で勝手に抱いていた。初めてその...
音楽

私を構成する3本のカセット:ソニー・ビッグ・スペシャル「懐かしのポップス リクエスト120 現代ヤングのエバーグリーン」

音楽は小さい頃から好きだった。物心つく前となると断片的な記憶しかないけど、リアルタイムで流行した歌謡曲の明確な記憶は1977~8年頃から始まる。当時の自分は5~6歳で、幼稚園に通っていた。全盛期のピンク・レディーが次々と放つ、キラキラしたヒ...
音楽

やっぱりラジオが好き~フランスの公共ネットラジオ「FIP」の素晴らしさ

昨年の暮れに当ブログに載せた記事の通り、自分はSpotifyの有料メンバーを昨年限りで退会した。公開プレイリストは残しておきたいからアカウントは消さないけど、現在は無料でもSpotifyのストリーミングは利用していない。ほかの音楽配信サービ...
音楽

自作プレイリストをシャッフルして聴くこと

テレワークという働き方が切実な注目を浴びる事態になっているが、在宅勤務なら年季が入っている。まさかこんな2020年の現状を予期していたはずもないが、20年以上前、ジョージの「やりたくないことはやらなくていいんだ」という言葉を生きる指針にして...
音楽

PUSAの1stアルバム25周年記念アナログLPに募金した

PUSAのクラウドファンディングに募金したのである。募金といってもチャリティの話ではないし、PUSAは非営利団体名ではなく90年代半ばから活動しているシアトル出身のバンドである。正しくは「The Presidents of the Unit...
音楽

AMラジオで出会った「And I Love Her」

何度か書いたけど、自分がビートルズの音楽を知ったのは父がFMラジオの特集番組をエアチェックしたテープからだった。そういう番組でかかるのは代表曲や特に人気のある曲に限られる。中学生になる頃にはそのテープに入っていた曲群もさんざん聴き尽くしてし...
音楽

父と農園とラジオ

サラリーマン生活を40年続けた父、退職後はひたすら趣味に打ち込んでいる。ここ数年は、小さな土地にほとんど独力で作った農園に都内の実家から電車でせっせと通っては、プレハブ小屋に泊まり込んで農作業をしている。5年前に帰国してからの自分は、息子と...
音楽

Love to hear your song on the Radio

中高生の頃はラジオをよく聴いた。大きくなってからも、車を運転しながら流すラジオで出会った音楽が結構あって、初めて聴いてこれは!と思ったとき、どの辺を走っていたか20年以上経っても鮮明に覚えてる場面がいくつかある。喫茶店、CD屋、レンタル屋、...