夢は世界平和

日記

9条がリアルで大きな力だったという現実:憲法記念日に中村哲医師の言葉を読み返す

仕事やら用事やら、諸々の心配事やらに追いまくられる余裕のない日々を送っている。あっぷあっぷするばかりで、このブログに書きたいことも思い浮かんでこず、週一の更新すら危ういという体たらくである。いや、書きたいことが思い浮かぶことは浮かぶのだけど...
訳詞

訳詞:「Last Night I Had the Strangest Dream」(Ed McCurdy, Pete Seeger, Simon & Garfunkel, Johnny Cash, etc.)

世界平和の夢を見た、という歌。こんな夢など何の意味もない、と笑う人も多かろう。じゃあ夢がダメなら、現実はどうなんだろう。スコップが足りないからと素手で塹壕を掘らされ、多数の兵士が敵味方の区別も付かないまま仲間の銃弾に倒れる。もう誰の目にも明...
音楽

Yo La Tengo「Nuclear War」(歌詞・訳詞あり)

今日は、先日紹介したフランスの公共ラジオ「FIP」のロックチャンネルを朝から午後までずっと聴いていた。昼食後はいつものように眠気に襲われ、デスクに突っ伏して昼寝をしている間もラジオは流しっぱなし。しばらく眠りに落ちた後で目が覚めると朦朧とし...
日記

2022年7月の雑感:戦争はまだまだ終わらず、万国旗の夢を見る

コロナ禍の入り口だった一昨年、オリンピックの年だった昨年と、7月になると「雑感」と題した記事をここに載せることが続いたので、今年も「7月の雑感」を書く。今年は、戦争の年である。ニュースサイトを見ればウクライナ情勢の記事が毎日載っているけど、...
日記

Above us only sky, ain't that enough?

今朝、いつもの道を散歩していたら、田植え前の水が張られた田んぼの向こうに、青と黄色の大きな旗がはためいているのが見えた。今朝初めて見たので、最近になってウクライナ支援の気持ちで掲げられたものだろう。 晴れた空の下で見ると、旗の上半分は空の青...
日記

ジョン・レノンはシニカルなドリーマー~戦争はなくならないが「Imagine」を聴く

あからさまに暴力的な戦争が世界のトピックの中心になってしまっている今現在、ジョン・レノンの「Imagine」が取り上げられる機会も増えている。批判の声も多い曲である。今まさに自分たちの国を隣国の侵略から守るために必死に戦っている人々に対して...
訳詞

訳詞:Buffy Sainte-Marie/Donovan「Universal Soldier」

この曲の題名にある「Universal」とは、世界のどこにでもある、全般的な、という意味。戦争とは独裁者が一人で勝手に行うものではなくて、世間一般の支持があってこそ成立するのだと訴えている。この曲を作ったバフィー・セント=メリーは、ジョニ・...
訳詞

訳詞:The Zombies「This Will Be Our Year/Butcher's Tale (Western Front 1914)」

ゾンビーズは自分にとって、高校生時代からずっと心の親友みたいな特別なバンド。10代の終わり頃には、ウォークマンでゾンビーズを聴きながら夜の真っ暗な住宅街を文字通りゾンビのように散歩して、色々なことを考えた。4年前に当ブログを立ち上げる直前、...
日記

Eve Of Destruction

昔、都内の住宅街に住んでいたころ、近所にかなり危ない感じの家があった。住人は明らかに被害妄想に取りつかれているようで、意味不明なメッセージがびっしり書かれた大きな看板を外壁いっぱいに掲げ、アンテナをたくさん立てていた。隣近所の人々にしてみれ...
日記

必要なのは核ではなく

よりによってジョージのお誕生日に、何ということをしてくれたのか。ちょっと前まで「そんなことしませんよ」と言っていたのに、簡単に反故にしてしまう。だれも信じていない「大義」を掲げて、有無を言わさない実力行使をする。いったん始めるとなったらもう...