鈴木祥子

日記

3月のせい

毎年3月になると、ある決まった感覚に襲われる。八方塞がりという言葉が一番近いと思う。長く冷たい冬がようやく終わって明るい春になろうという時期に、どどーんと落ち込んだ気持ちに支配されるのである。自分は昔から環境の変化が苦手で、特に中高生時代は...