elo

訳詞

訳詞:Jeff Lynne's ELO「Blue」

「Alone In The Universe」のCDの最後に入っている、ボーナストラック扱いの曲。メジャーともマイナーともつかないコードの使い方がとても美しい曲だけど、たぶんジェフ・リンなら5分もあればこんな曲はいくらでも作れるんだろう。こ...
音楽

Pugwash「Be My Friend Awhile」(そしてまたあのメロディ)

Spotifyには、好きなアーティストと傾向が似ていると自動判断した曲をずらずら流してくれる「(アーティスト名)Radio」があって、昨日はコーナー・ラファーズを中心に自動選曲されたラジオを聴いてみていた。いわゆるパワーポップのバンドが多い...
音楽

グランダディの新曲「R.I.P. Coyote Condo #5」がとても良い

グランダディは2000年の「Sophtware Slump」が出た頃に知って、とても好きだったバンド。例によって最新音楽情報には疎いので、去年の暮れに新曲を出していたことは知らなかった。昨晩はじめてSpotifyで見つけて、聴いてみたらとて...
音楽

ELOとジョージと「オペラ座の怪人」

今月初めにリリースされたジェフ・リンズELOの新作「From Out Of Nowhere」、楽しんでいる。すべて3分台の曲が10曲、全体で32分というコンパクトな作品だけど中身は詰まっている。前作「Alone In The Univers...
日記

消えるべきものは消える、残るべきものは残る

去年の10月10日にブログを書き始めてから昨日で150本目の記事を上げたところ。何かしら毎日のように書いているが、上げた記事を熱心に読んでくれるのはボットやクローラーばかりで、人間にはほとんど読まれていないことを自分は知っている。でもこの形...
音楽

ジェフ・リンのELO/ジェフ・リンとELO

ジェフ・リンの2015年作「Alone In The Universe」は本当に自分の奥深くに響いてくる音楽で、結局ブログ名にもしてしまったぐらい大事な作品。名義はJeff Lynne's ELOとなっていて、一応ELOらしいのだがほかのE...
日記

宇宙でひとりぼっち

これは前に書いた「でんでんむしのかなしみ」の続きみたいなものです。 なんやかんや忙しくて休みが取れなかったり、もともと寒い時期は気分が沈みがちだったりで、ネガティブな方向に心が落ち込みがちなここ最近。こういうときは昔の恨み辛みもしつこく復活...